イタリア語万華鏡 古浦敏生

イタリア語万華鏡12 『 アッディーオとアディオス 』

055.gif  『イタリア語万華鏡』 古浦敏生より 

12 『 アッディーオとアディオス 』


イタリア語の「さようなら」には2種の表現がある。「また会いましょう」という再会を期す
場合はアッリヴェデールチArrivederci。
「もう二度と会うことはないでしょう」という永別の場合はアッディーオAddioである。
したがって、夫婦が離婚を決意する際の挨拶はAddioということになる。この二項体系
はフランス語でも同様である。
つまり、Arrivederci.に相当するのがオー・ルヴォワールAu revoirであり、Addioに
相当するのがアディユーAdieuである。

 かつてローマに滞在していた頃、近所のスペイン人の子供が遊びにやって来た。
日本茶など出してやり、しばらく話をしていると、“アディオスAdiós”と言って帰っていった。
Adiósは、イタリア語のAddio.に対応する語形であるので、はてさて、ご機嫌をそこねて
帰ったのかと思っていたら、30分も経たないうちに、その子供はまたやって来た。
そこで筆者は、スペイン語のAdiósには永別の意味がないことを知った。ついでながら、
ポルトガル語のアデウスAdeusにもスペイン語同様、永別の意味はないようである。



072.gifこちらから1~すべての記事が読めます↓
カテゴリ:イタリア語万華鏡 古浦敏生

古浦敏生(こうら・としお)
広島日伊協会理事 故マリーザ・バッサーノさんよりイタリア語を学ぶ。
広島大学名誉教授。言語学専攻。
[PR]
by hiroshimaitaly | 2011-11-04 17:52 | イタリア語万華鏡 古浦敏生 | Comments(0)

Associazione italo-giapponese di Hiroshima 広島日伊協会へようこそ♪


by kibi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31