イタリア語万華鏡14 『 サンフレッチェと佐藤寿人選手 』

055.gif  『イタリア語万華鏡』 古浦敏生より 

14 『 サンフレッチェと佐藤寿人選手 』

イタリアはワールドカップを4度も制したサッカー王国である。戦前の1934(昭和9)年
・1938(昭和12)年、戦後の1982(昭和57)年に続いて、2006(平成18)年のドイツ
大会でも優勝した。

我国では1993年春、Jリーグが開幕し、広島にはサンフレッチェSanfrecceという
チームが誕生した。サンフレッチェは日本語の数詞「三」とイタリア語のフレッチェfrecce
(フレッチャfreccia「矢」の複数形)との合成語である。このように異なった言語の構成
要素が混合して出来上がった単語のことを、言語学では「混種語」という。英語・ドイツ語・
フランス語と日本語との混種語は数多いのであるが、イタリア語と日本語との混種語は
珍しい。
そして、サンフレッチェという命名の由来であるが、山陰・山陽10カ国を統治した戦国武将、
毛利元就(1497~1571)の「三ツ矢の訓」に典拠している。
県立広島大学大学院の教え子を介して、サンフレッチェ㈱から、“エースストライカーの
佐藤寿人(さとう・ひさと)選手の背番号11の下に「点を取るのは俺だ!」という意味のロゴ
をイタリア語で付けてほしい”との依頼があった。

そこで、イタリア人の友人に協力してもらって、ヴェ・ロ・ファッチォ・イーオ・ウン・ベル・ゴール
Ve lo faccio io un bel gol !「きみたちのために素晴らしい点を取るのは僕なんだ!」と
することにした。
後日、サンフレッチェ㈱から件のTシャツ(画像参照)が届き、感激した。

a0125731_945428.jpg


2008年、サンフレッチェはJ2に降格したが、翌2009年にはダントツで優勝し、J1に復帰、
佐藤選手も通算100ゴールを達成・活躍している。


072.gifこちらから1~すべての記事が読めます↓
カテゴリ:イタリア語万華鏡 古浦敏生

古浦敏生(こうら・としお)
広島日伊協会理事 故マリーザ・バッサーノさんよりイタリア語を学ぶ。
広島大学名誉教授。言語学専攻。
[PR]
by hiroshimaitaly | 2011-11-12 09:37 | イタリア語万華鏡 古浦敏生

Associazione italo-giapponese di Hiroshima 広島日伊協会へようこそ♪


by kibi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31