イタリア語万華鏡23 『 名詞にも最上級がある! 』

055.gif  『イタリア語万華鏡』 古浦敏生より 

23 『 名詞にも最上級がある! 』

絶対最上級を形成する接尾辞イッシモ-issimoであるが、音楽用語
ではフォルティッシモfortissimo「非常に強い」・ピアーニッシモ
pianissimo「非常に弱く」でよく知られている。
このように-issimoは、フォルテforte「強い」・ピアーノpiano「弱く」
のような品質形容詞や副詞の原級に付されるのが通常である。
さらに、この-issimoは二つ重ねて付けられることもある。たとえば、
フォルティッシッシモfortississimo 「fortissimoよりもさらに強い」。

さて、不思議なことに、名詞にも絶対最上級がある。
たとえば、オッカジオーネoccasione「特売」に対するオッカジオー
ニッシマoccasionissima「大特売」、ポルトゥローナpoltrona「安楽
椅子」に対するポルトゥローニッシマpoltronissima「特等席」がそれ
である。

日本語にも「敬礼」に対して「最敬礼」というのがあるが、この「最」は
「最-敬礼」ではなく、「最敬-礼」のように区切られ、いわば形容詞に
該当する「敬」のみを修飾しているように思われるので、最上級名詞では
なさそうである。
「最高-級」・「最後-尾」・「最右-翼」・「最上-階」・「最安-値」・「最北-端」・
「最盛-期・「最前-線」・「最低-限」・「最多-出場」・「最長-距離」も同様
である。でも、「最接近」はいかがであろうか。「最接-近」なのか、それとも
「最-接近」なのか微妙である。
さらに「最年少」の場合、「最年-少」は考えにくいので、「最-年少」という
ことになろう。したがって、日本語にも最上級名詞は存在することになる。


072.gifこちらから1~すべての記事が読めます↓
カテゴリ:イタリア語万華鏡 古浦敏生

古浦敏生(こうら・としお)
広島日伊協会理事 故マリーザ・バッサーノさんよりイタリア語を学ぶ。
広島大学名誉教授。言語学専攻。
[PR]
by hiroshimaitaly | 2011-12-26 19:04 | イタリア語万華鏡 古浦敏生

Associazione italo-giapponese di Hiroshima 広島日伊協会へようこそ♪


by kibi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30