イタリア語万華鏡26 『 背高のっぽと偉人 』

055.gif  『イタリア語万華鏡』 古浦敏生より 

26 『 背高のっぽと偉人 』

イタリア語の語順は、英語ほどは厳しくない。
たとえば、「その大学は大きいですか?」というとき、L’università è
grande? でも、È l’università grande? でもÈ grande l’univer
sità? でもかまわない(l’は定冠詞、universitàは「大学」、èは「~で
ある」、grandeは「大きい」)。
但し、形容詞の位置によっては明確に意味が異なる場合がある。
たとえば、ウン・グランドゥオーモun grand’uomoは「偉人」であるが、
形容詞grande「大きい」を名詞ウオーモuomo「人、男」の後ろに置き、
ウン・ウオーモ・グランデun uomo grandeとすると、「背高のっぽ」の
意味になる(unは不定冠詞)。
同様に、本来「貧しい」という意味の形容詞ポーヴェロpoveroも名詞と
の位置関係によっては意味が異なる。
すなわち、ルウオーモ・ポーヴェロl’uomo poveroは「貧乏な人」、イル
・ポーヴェロ・ウオーモil povero uomoは「哀れな人」であって、必ず
しも貧乏である必要はない(ilは定冠詞)。
a0125731_19271959.jpg

写真:フィエーゾレ(フィレンツェ近郊)のミーノ広場


072.gifこちらから1~すべての記事が読めます↓
カテゴリ:イタリア語万華鏡 古浦敏生

古浦敏生(こうら・としお)
広島日伊協会理事 故マリーザ・バッサーノさんよりイタリア語を学ぶ。
広島大学名誉教授。言語学専攻。
[PR]
by hiroshimaitaly | 2012-01-06 19:23 | イタリア語万華鏡 古浦敏生

Associazione italo-giapponese di Hiroshima 広島日伊協会へようこそ♪


by kibi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31