広島で"マッキアイオーリ展"開催

日本におけるイタリア2009・秋」の基幹イベントの一つとして、ふくやま美術館
にて「イタリアの印象派 マッキアイオーリ ―光を描いた近代画家たち―」展が
先週から開催されました。
2009年10月3日~11月29日までふくやま美術館で展示された後、東京都
庭園美術館にて、2010年1月16日~3月14日までの開催となり、東京の後は
ニューヨークへと巡回するそうです。
なかなかこんな身近で見ることが出来る機会がないし、興味があるので、福山
まで行こうと思っています♪

059.gif マッキアイオーリ展の詳細はこちら
19世紀イタリアの重要な芸術運動「マッキアイオーリ」を紹介する特別展が
開催されます。
1856年頃、フィレンツェに集った若い画家たちは、因襲的なアカデミズムから
の脱却と新しい芸術の創生を目指しました。大胆な斑点(マッキア)を用いた
画法から、「マッキアイオーリ」と呼ばれるようになった彼らは、フランス印象派
にも先駆けて、自然における光の描写を追及していきます。
当時イタリアは、統一運動(リソルジメント)の動乱のただなかになり、画家の
なかには運動に身を投じる者もいました。やがて彼らのなかには、自分たちの
生きるこの時代を描くことこそ、近代画家の役割ではないかという意識が芽生え
てきます。こうしてマッキアイオーリの画家たちは、新たに手にした表現によって、
同時代の戦争、かけがえのない日常生活、そして雄大な自然をいきいきと描いて
いきました。
このような近代イタリア、青春の軌跡を、フィレンツェのピッティ宮殿近代美術館、
リヴォルノの市立ジョヴァンニ・ファットーリ美術館などから出展されたG.ファット
ーリ、T.シニョリーニ、O.ボッラーニ、S.レーガ、V.カビアンカ、A.チェチョーニ
などの作品63点でたどります。

a0125731_1740159.jpg

さて、こちらもイタリア関連のお知らせですが、10月11日(日)18:00~19:54
に、BS‐TBSにて『古代ローマ街道を飛ぶ~帝国の記憶をたどる600キロ~
という番組が放送されます。
イタリア・トスカーナの大地、バチカン市国、古代ローマからイタリア最南端の
ブリンディシにぬけたアッピア街道など、天使の目になって上空からイタリアの
大地をハイビジョン映像で堪能する2時間の紀行ドキュメンタリーだそうです。
こちらの放送もとても楽しみです♪

061.gif "古代ローマ街道を飛ぶ~帝国の記憶をたどる600キロ~"の詳しい内容は…

永遠の都・古代ローマからアッピア街道をめぐる空の旅は、ヨーロッパ2000年
の歴史紀行である。
■円形闘技場コロッセオ、パンテオン神殿、コンスタンティヌス帝の凱旋門など、
ローマはひとつの巨大な美術館といえる。誰もが知っている古代地中海に君臨した
ローマの威光を伝える建築。しかし、その見慣れたはずの遺跡も、上空から眺める
と驚きに満ちた映像に変わる。古代ローマの建築物を辿る。
■世界最小にして、最強の国家、ヴァチカン市国。サン・ピエトロ聖堂を中心に据え、
城壁に囲まれた独立国を空から一望する。
■ローマ帝国は地中海世界に街道網を張り巡らせた。紀元前3世紀に作られた、
ローマからブリンディシまで敷石舗装されたアッピア街道を空から辿る。
■アッピア街道沿いの古都カプア。ここには、ローマのコロッセオに次ぐ規模を誇る
円形劇場がある。グラディエーターの発祥の地といわれる闘技場(アンフィテアトロ)
の近くには、古い礼拝所がある。オリエントから来た捕虜が、グラディエーターとして
殺し合う。彼らの宗教は認められた。グラディエーターの礼拝所。ここでは牛の血を
浴びる儀式が行われていた。
[PR]
by hiroshimaitaly | 2009-10-10 10:40 | イタリア情報

Associazione italo-giapponese di Hiroshima 広島日伊協会へようこそ♪


by kibi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31